2023.2.18 ブルース・リウ 公演前日

コンサート日記
https://www.home-tv.co.jp/event/2023_bruceliu-2-2-2/
この記事は約3分で読めます。
本サイトで紹介している商品等の外部リンクには、アフィリエイト広告を利用しているものがあります

こんにちは。いりこです。
明日は2月18日(土)ブルース・リウのピアノソロリサイタルがあります。@広島

↓本編はこちら。

2021年ショパンコンクール第1位 ブルース(シャオユー)・リウ

2021年、第18回ショパン国際コンクールで第1位を獲得、ただいま激アツのピアニスト。中国系フランス生まれカナダ育ちということで、今どき「○○人」という括りは機能しなくなっているのかもしれませんね。

▼公式HP
https://www.bruce-liu.com/

▼公式FB
https://www.instagram.com/bruceliupiano/
最近投稿されたブルース・リウ meet ブルース・リーの銅像。なんでも「ブルース」は最近つけたファーストネームで、ブルース・リーから取られたとのこと。

コンクールを見ていると、正統派でありながら独特の味がある演奏スタイル。何となくですが(しっかり前置き)、これまでのショパンコンクール優勝者とは毛色が違う印象。明るい音色が特徴的です。
パンデミックの最中、コンクールも1年延期され、彼のような明るい音色のピアニストを社会が求めていたということなのかもしれません。

コンクールの選曲でも、明るい趣の「スケルツォ4番」「マズルカ風ロンド」「アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ」「ワルツ5番」などがよく似合っていました。

そして何より!!!
「ラ・チ・ダレム(モーツァルト:「ドン・ジョヴァンニの『お手をどうぞ』による変奏曲)」が素晴らしかったですね!
私が初対面だったのはもちろん(笑)、録音もそこまで多くないのでおそらくマイナー曲、それを大事な3次予選のフィナーレにぶっ込んでくるあたり、やっぱりスターピアニストだなという感じです。

あれだけの説得力と演奏技術でバリバリ弾かれると、我々庶民はひれ伏すしかありません笑。

歴史的にも、名ピアニストによって知名度を上げる「隠れた名曲」はたくさんありましたからね。
それを目の当たりにした感覚になりました。

今回の日本ツアーはどうも都合がつきそうになかったのですが、ラ・チ・ダレムは1回生で聴いてみたいなと思い、参加することにしました。

プログラム/チケット情報

▼広島 公式HP
https://www.home-tv.co.jp/event/2023_bruceliu-2-2-2/

2023年2月18日(土) 14:00 開演  上野学園ホール(広島) 

プログラム

  • ラモー:クラヴサンのための小品(クラヴサン曲集、新クラヴサン組曲集より)
    優しい嘆き/一つ目の巨人/2つのメヌエット/未開人/雌鶏/ガヴォットと6つの変奏
  • ショパン:モーツァルトの歌劇「ドン・ジョヴァンニ」の”お手をどうぞ”の主題による変奏曲 変ロ長調 Op.2
  • ショパン:ピアノソナタ第2番 変ロ短調 Op.35 「葬送」
  • ショパン:3つの新練習曲
  • リスト:ドン・ジョヴァンニの回想 S.418

ショパンコンクール出身者ってだけでショパン弾かされそうですが、ショパン以外の作品も弾いてくれるようでうれしい。リストの「ドン・ジョバンニ」パラフレーズまで!

ラモーはクープランの後輩(?)、バッハとタメくらいのバロック時代のフランス人音楽家。リウはシングル第2弾としてラモーの優しい嘆きをリリースしています。

チケット

S席:7,000円
A席:6,000円

↓本編はこちら。

コメント