2023.5.19 ミシェル・カミロ×読売交響楽団 公演前記

コンサート日記
https://yomikyo.or.jp/concert/2022/12/662.php
この記事は約2分で読めます。
本サイトで紹介している商品等の外部リンクには、アフィリエイト広告を利用しているものがあります

こんにちは。いりこです。
5月19日(金)ミシェル・カミロ(ピアノ)、鈴木優人(指揮)読響の公演に参加予定です。@東京

2か月ぶりのコンサートで気合が入ります♪

↓本編はこちら。

ミシェル・カミロ

ドミニカ出身のジャズピアニスト。
・・・
正直ジャズには明るくない筆者です。お名前だけは微かに。。。

この方は、清塚さんがYouTubeでおすすめピアニストとして紹介されていました。
実は2年前に来日し「テネリフェ」を日本初演する予定だったようですが、
くだんの入国制限により中止となっていたもの。


自作曲もかなり持っているようで、ピアノ協奏曲もいくつか聴いてみましたが、とてもかっこいい!

ひとつは、ジャズ一色!というより映画音楽的というか、ラヴェルの左手のための協奏曲のような、現代的でスケールが大きく、親しみやすい作品でした。

もうひとつは、「ジャズトリオのための協奏曲」で、ピアノ・バス・ドラムが主役のジャズ色全開の曲でした。

今回の2番「テネリフェ」(日本初演)はどんな作品なんでしょうか。わくわく。

プログラム/チケット情報

※5/16更新時点でチケットの残りがありますのでお早めに!
5/21(日)にも同じ公演があります(チケット完売、@横浜)

読響(読売日本交響楽団) 公式HP 

2023年5月19日(金) 19:00開演 サントリーホール

プログラム 

  • モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」序曲
  • カミロ:ピアノ協奏曲第2番「テネリフェ」
  • モーツァルト:交響曲第28番 ハ長調 K. 200
  • ラヴェル:ボレロ

注目曲「テネリフェ」ほか、「ドン・ジョバンニ」「ボレロ」と見どころ盛りだくさん。古典と近現代を行ったり来たりするプログラム。

チケット 

S席 8,000円
A席 7,000円
B席 6,000円
C席 4,500円 

※団体割引(10人以上)あり。
※学生の方は、開演15分前に残席がある場合のみ¥2000(25歳以下/要学生証)。

↓本編はこちら。

コメント