2024.2.11 エレーヌ・グリモー(ピアノ) 公演前記 @トロント

コンサート日記
https://www.rcmusic.com/events-and-performances/helene-grimaud
この記事は約2分で読めます。
本サイトで紹介している商品等の外部リンクには、アフィリエイト広告を利用しているものがあります

こんにちは。いりこです。
2月11日(日)エレーヌ・グリモーのピアノソロ公演に足を運ぶ予定です。@トロント

トロントでのコンサート第2弾♪
注目のピアニスト×プログラムで気合が入ります。

エレーヌ・グリモー

グリモーはフランス出身のピアニスト。1969年に生まれた彼女は幼少期から才能を示し、13歳でパリ国立高等音楽に入学、その後も卓越した技巧、深い音楽性、そして独特の解釈でクラシック音楽界において独特の地位を築いています。

レパートリーは幅広いですが、祖国フランスものの録音は少なく、特に印象的なのがブラームス。

質実剛健・構造的でスケールの大きなソナタや協奏曲ですが、なんといいますか、力強さは男性顔負け、さらに随所にちりばめられる「母なる大地」感、優しさとパッション包まれるんです。

ブラームスの他には、バルトークの協奏曲3番なんかは最高のデトックスです。

また、グリモーは音楽だけに留まらず、動物生態学を学び本も執筆するなど、自然への深い関心も持ち合わせており、その背景も彼女の演奏に独特の深みを与えているとも言われています。なるほど納得です。

プログラム/チケット情報

2024年2月11日(日) 15:00開演 コーナー・ホール(トロント)

プログラム 

  • ベートーヴェン:ピアノソナタ第30番 ホ長調 Op.109
  • ブラームス:3つの間奏曲 Op.117
  • ブラームス:7つの幻想曲 Op.116
  • J.S.バッハ/ブゾーニ:「シャコンヌ」 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番 ニ短調 BWV1004 から

「ドイツ3B」こと、バッハベートーヴェンブラームスが並ぶ胸アツのプログラムとなっています。彼女の真骨頂。

プログラム構成も美しい。
緩急の感じとか順番とか、4つで1つの作品のようです。妄想だけでご飯が進みます。

チケット 

Premium: $125(カナダドル、約13,750円)
Price Level 1: $105(約11,550円)
Price Level 2: $85(約9,350円)
Price Level 3: $75(約8,250円)
Price Level 4: $50(約5,500円)

▼本編はこちら

コメント