【2024.5.6】モントリオール国際音楽コンクール ピアノ2024 第1ラウンド2日目

ピアノコンクール
https://concoursmontreal.ca/en/piano-2024/competitors/
この記事は約9分で読めます。
本サイトで紹介している商品等の外部リンクには、アフィリエイト広告を利用しているものがあります

こんにちは。いりこです。

5月5日、モントリオール国際ピアノコンクールが始まります。
日本時間で5月6日午前2時半からです。

昨年夏のブゾーニ・クララハスキル以来のコンクール鑑賞です。たまたまカナダに住んでおり時差もないので、頑張って付いていきたいと思います。YouTubeで配信されるとのことですので、日本からもぜひお楽しみください。※ライブ配信中は公式HPのみです。

2日目の2人目、筆者イチオシのピアニスト、アンソニー・ラティノフが登場します!

概要

公式HP(英語・フランス語):https://concoursmontreal.ca/en/piano-2024/
公式YouTube:https://www.youtube.com/@ConcoursMontreal
※ライブ配信は公式HPのみ

開催地 モントリオール(カナダ)

開催期間 2025年5月5日(日)~ 5月16日(木)

近年ますます活躍が目覚ましいのが、カナダ、特にケベック州ゆかりのピアニストたちです。過去にはマルカンドレ・アムランルイ・ロルティ、近年ショパンコンクールで活躍したブルース・リウ(2021年優勝)、シャルル・リシャール=アムラン(2015年第2位)などが挙げられます。

そんな激アツの地、ケベック州はモントリオールで開催されるピアノコンクールです。筆者がたまたまカナダにいることもあり、ぜひ注目していきたいと思います。

https://concoursmontreal.ca/en/piano-2024/program/

スケジュール

第1ラウンド(24名):2024年5月5日(日)~ 7日(火)
 5月5日(日)13:30(日本時間 翌2:30), 19:30(翌8:30)
 5月6日(月)13:30(日本時間 翌2:30), 19:30(翌8:30)
 5月7日(火)13:30(日本時間 翌2:30), 19:30(翌8:30)

セミファイナル(10名):2024年5月10日(金)~ 12日(日)

ファイナル(6名):2024年5月15日(水)~ 16日(木)

演奏順・プログラム

第1ラウンド(24名):
演奏時間30~35分(第1ラウンドまたはセミファイナルのプログラムに、古典派から少なくとも1曲、ロマン派から少なくとも1曲を含めなければならない。)

5月6日(月)13:30(日本時間 翌2:30)~

MICHELLE CANDOTTI(セミファイナル進出)
Frédéric Chopin: Barcarolle in F-sharp major, Op. 60
/ショパン:舟歌 嬰ヘ長調
Franz Liszt: Paraphrase de concert sur Ernani II, S. 432
/リスト:演奏会用パラフレーズ「エルナーニ」
Béla Bartók: Sonata
/バルトーク:ピアノソナタ

2日目、一日の始まりに優しい「舟歌」。温かくも強い、器量の大きさを感じる好みの演奏でした。リストとバルトークでは一転して爆発力があり、引き込まれましたね。

ANTHONY RATINOV(セミファイナル進出)
Alexander Scriabin: Sonata No. 5, Op. 53
/スクリャービン:ピアノソナタ第5番
Franz Schubert: Fantasy in C major, Op. 15 D. 760 (Wandererfantasie
/シューベルト:幻想曲 ハ長調「さすらい人幻想曲」

筆者大注目のピアニスト。大き目の曲2つ。さすらい人はブゾーニ国際でも演奏していました。現代的で横の流れが美しいスクリャービンと、古典的で堅固なシューベルト。技術面も音作りもやはり素晴らしい。超絶技巧でありながらまろやかな音がラティノフの魅力です。次も聴きたい!

・・・
 休憩
・・・

JAEDEN IZIK-DZURKO(セミファイナル進出)
Johann Sebastian Bach: Toccata in C minor, BWV 911
/J.S. バッハ:トッカータ ハ長調
Alexander Scriabin: Sonata No. 5, Op. 53
/スクリャービン:ピアノソナタ第5番
Frédéric Chopin: Scherzo No. 1 in B minor, Op. 20
/ショパン:スケルツォ第1番 ロ短調

バッハが素敵でしたね!はじめて聴いた曲でしたが、ハ長調とは思えない複雑さ、演奏も立体的に紐解かれていき聴きやすかったです。スクリャービンのソナタ5番は2人連続。続くショパンも、より硬質で立体的というか、内声にまで意識が行き届いた素晴らしい演奏でした。この方の演奏もかなり好みでした、次も聴きたい!

DINA IVANOVA
Joseph Haydn: Sonata in F major, Hob. XVI:23
/ハイドン:ソナタ ヘ長調
Maurice Ravel: Gaspard de la nuit – No. 1 Ondine • No. 2 Le gibet • No. 3 Scarbo
/ラヴェル:夜のガスパール(第1曲「オンディーヌ」第2曲「絞首台」第3曲「スカルボ」)

可憐ですっきりとしたハイドン、笑顔で演奏し終える姿が微笑ましい限り笑。ドラマチックで超絶技巧を要する夜のガスパールですが、雰囲気に流れている感じもしました。

5月6日(月)19:30(日本時間 翌8:30)~

ANGIE ZHANG
Wolfgang Amadeus Mozart: Rondo in A minor, K. 511
/モーツァルト:ロンド イ短調
Ludwig van Beethoven: 32 Variations in C minor, WoO 80
/ベートーヴェン:創作主題による32の変奏曲 ハ短調
Franz Liszt: Rhapsodie espagnole, S. 254
/リスト:スペイン狂詩曲

素晴らしい弾きっぷりでしたが、強いて言うと大曲スペイン狂詩曲には着られている感がありました。

ELIAS ACKERLEY(セミファイナル進出)
Ludwig van Beethoven: Sonata in F major, Op. 10 No. 2
/ベートーヴェン:ピアノソナタ第6番 ヘ長調
Franz Liszt: ‘Après une lecture du Dante, fantasia quasi sonata’ (Années de pèlerinage, deuxième année, S. 161 : No. 7)
/リスト:「ダンテを読んで – ソナタ風幻想曲」(巡礼の年 第2年「イタリア」 第7曲)
Johann Strauss II / Alfred Grünfeld: Soirée de Vienne, Op. 56
/シュトラウス2世 – グリュンフェルト:ウィーンの夜会

ベートーヴェン、リストと、中低音が意識的に鳴らされていて、地に足がついた落ち着いた演奏でした。技術的にもかなりしっかりしていて好みの演奏でしたが、ウィーンの夜会では若干散漫とした印象が玉に瑕。。。

・・・
 休憩
・・・

ADAM KAŁDUŃSKI
Domenico Scarlatti: Sonata in B minor, K. 87 • Sonata in D major, K. 96 • Sonata in D minor, K. 517
/スカルラッティ:ソナタ ロ短調、ソナタ ニ長調、ソナタ ニ長調
Franz Liszt: Ballade No. 2 in B minor, S. 171
/リスト:バラード第2番 ロ短調
Marc-André Hamelin: Étude No. 3 in B minor (after Paganini-Liszt)
/アムラン:練習曲第3番 ロ短調(パガニーニ=リストによる)

ポーランド出身で、ショパンに心酔しているとインタビューで語りながら、ショパンは弾きません笑。スカルラッティはあまり聴きませんが、どこか憂鬱で心に刺さります。リストも知らない曲が多いと気づきました。大仰ではないロマンチックでちょうどいい。そしてマルカンドレ=アムランの「ラ・カンパネラ」も初耳。曲の印象が強かったですが、演奏も安定していてすばらしかったです。

RACHEL BREEN
Sergei Prokofiev: March and Scherzo from The Love for Three Oranges, Op. 33ter – No. 1 March
/プロコフィエフ:「3つのオレンジへの恋」 より 行進曲とスケルツォ – 第1曲 行進曲
György Kurtág: Játékok (Games), volume 1 – No. 4 Prelude and Waltz in C
/クルターグ:「遊び」第1巻 より 第4曲 前奏曲とワルツ ハ調
Alexander Scriabin: 24 PreludesOp. 11 – No. 23 in F major
/スクリャービン:24の前奏曲 第23番 ヘ長調
Sergei Prokofiev: Three Pieces from Cinderella, Op. 95 – No. 1 Intermezzo
/プロコフィエフ:「シンデレラ」からの3つの小品 第1曲 間奏曲
Ludwig van Beethoven: Bagatelles, Op. 126 – No. 3 E-flat major
/ベートーヴェン:6つのバガテル より 第3番 変ホ長調
Frédéric Chopin: Impromptu No. 1 in A-flat major, Op. 29
/ショパン:即興曲第1番 変イ長調
Luciano Berio: Wasserklavier’ (Six Encores : No. 3)
/ベリオ:水のピアノ(6つのアンコール より 第3曲)
Frédéric Chopin: Impromptu No. 2 in F-sharp major, Op. 36
/ショパン:即興曲第2番 嬰ヘ長調
Nikolai Medtner: 6 Skazki (Fairy Tales), Op. 51 – No. 5 F-sharp minor
/メトネル:6つのおとぎ話 から 第5番 嬰ヘ長調
Sergei Rachmaninov: Études-tableaux, Op. 39 – No. 4 in B minor
/ラフマニノフ:絵画的練習曲 Op.39-4 ロ短調
Leonid Desyatnikov: The Songs of Bukovina (24 Preludes) – No. 4 in E minor
/デシャトニコフ:ブコヴィナの歌(24の前奏曲) より 第4番 ホ長調

2~3曲という参加者が多い中、すごい情報量。。。自由なようで、ものすごくセンスが問われるチャレンジングな構成です。しかしこうやって聞くと、プロコフィエフの音楽はすぐに分かりますね笑。親しみやすいながら唯一無二の和声感に改めて感心したところです。曲のつながりも音作りもきれいでしたが、よく聴くとやや流れていく印象。

・・・

2日目お疲れさまでしたm(_ _)m

注目のラティノフさん含め、最初の3人が連続して素晴らしい演奏だったためかなり印象に残りました。残ってほしい・・・

しかしやはり全体的にレベルの高い演奏続きです。セミファイナルへは24名から10名に絞られるということで、どこらへんで線引きがされるのやら、、、筆者には全く分かりません。

明日は第1ラウンド最終日と結果発表です。

コメント