TOEFL始めます

この記事は約4分で読めます。
本サイトで紹介している商品等の外部リンクには、アフィリエイト広告を利用しているものがあります

こんばんは。いりこです。

先日、英語に対する活動を少し書きましたが、今後のことを考えて、TOEFLの勉強を初めてみようと思っています。まずは教材探し中。。。

英語力の資格・スコアは必要?

個人的には、完全に趣味として英語に触れている方にも、資格やスコアという形で持っておくことはおすすめだと感じています。

理由は、
・基礎固めに最適である
・「小さな目標」設定に活用できる
・自分の力を対外的に示す手段になる(突然必要になるかも)
といった点が挙げられます。

基礎固めに最適

正直、日本で人気のTOEIC (L&S: リーディング&リスニング)では、英語コミュニケーション能力は測れないと思っています。
理由は、日本の受験勉強の延長のようなテストだからです。自分で英文を作ることはないですし、会話で必要な瞬発力も不要です。
私の場合も、スコアは上がったんだけど全く話せないという期間がしばらくありました。

TOEIC (L&R)は、英会話力は測れませんが、英語運用能力の基礎を測るには適していると思います。スピード感も求められますしね。
TOEICのスコアを上げようと思うと、必然的に基礎的な文法などに着手せざるを得ません。

また私は、基礎固めが英語上達の近道だと信じています。
「英語力」を分解すると「文法」「語彙」「発音知識」なんかに分解できるんじゃないでしょうか。このうち、英語力の根幹をなし、かつ手軽なのが「文法」です。

「語彙」は際限がありません。国語辞典が日本語で作られていることを考えれば、ネイティブでさえ「語彙」の習得を完了させるのは不可能ということです。
必要な語彙をその都度習得していく他ありませんし、文法が盤石であればより早く吸収できるようになります、ので、後回しです。

「発音知識」は日本の英語教育とは全く異なるアプローチが必要ですので、慣れるまで時間がかかる方も多いと想像します。

その点「文法」は、語彙と違い、学習が必要な範囲は限られています。参考書を1冊買って2周くらいすれば、ある程度テストでも戦えるようになります。受験勉強そのものですし、初めて日本の英語教育の勝利を感じたところです笑。

「小さな目標」設定に活用できる

上の基礎固めに関連しますが、目標設定にも使えますね。
「テスト日」という締め切りがあり、「点数」という目に見える形で評価を受け取れるので、うまく自分のモチベーション維持に活用できるといいですね。

自分の力を対外的に示す手段になる

たとえば突然、海外へ飛び出したい欲が芽生えたとき、特に留学や奨学金の要件には、英語力のスコアが必要なことが多々あります(ただしほとんどの場合TOEICは使えません)。就労の場合でも、相手方に英語力をまずお伝えできる手段になり得ますし、要件として課されることもあるでしょう。

あるいは、日本ではTOEIC (L&S) = 英語力 と思っている方も多いと感じますので、人事権を持つそこら辺のおじさんなんかにはハッタリかませる可能性もないことはないと言えないこともないでしょう。お友達にも一目置かれるかもしれません。

TOEFLとは?TOEICとの違いは?

TOEFLには「TOEFL iBT」「TOEFL ITP」がありますが、一般的なのは「TOEFL iBT」で、ここではこちらについて言及します。

https://www.kandagaigo.ac.jp/kifl/contents/toeic-toefl
(神田外語学院HP、情報は少し古め)
TOEIC (L&S)との違いはこのサイトに表でまとまっていますが、主な違いは、

・リーディング、リスニング、ライティング、スピーキングの4技能
・試験時間:3時間(TOEICは2時間)
・試験費用:245アメリカドル(1ドル=136円で33,320円!TOEICは7,810円)

「長くて」「高くて」「大変」ということですね笑。TOEICも年々値上がりしていますが、比じゃありません。

しかし、英語圏にも認知されている英語力証明なわけですから、安いものでs、、、いややっぱり高い。。。。

10月が狙い目???(推測)

完全に推測ですが、2021年、2022年は10月がTOEFL月間とのことで、受験料値引きされていました。2023年の10月を狙ってみたいと思っています笑。

コメント