暮秋の候

ひとりぐらし・ひとりごと
この記事は約3分で読めます。
本サイトで紹介している商品等の外部リンクには、アフィリエイト広告を利用しているものがあります

こんにちは。いりこです。
朝晩冷え込むようになってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

ずいぶんとお久しぶりになりました。

このひと月の間に起こったことはというと、
退職・引越し・簿記3級獲得、などなどです。

退職金ゲット!

まず、無事に前職を退職しました。

これで晴れて無職となり、留学に向け、後に引き返すことができなくなりました。

次の仕事を決めずに行動するとは、
優柔不断な我ながら思い切ったことをしたなと改めて思います。

多くはないですが退職金もゲット!乾いた懐に沁みます。。。

日商簿記3級ゲット!!

退路もなくなり、覚悟を決めて準備をしなければならないところですが、

ひとつ、時間ができたらやりたかったこととして、
簿記を学んでみたいという気持ちがありました。

日商簿記3級は、勉強時間が100時間前後ということだったので、
無職期間を使って取り組んでみました。

久々のがっつり勉強、そして試験を受けるという体験。
緊張感を思い出すいい機会でした。(無事合格でした♪)

簿記に興味を持ち始めた理由は、
家計管理に生かせるかな
、と思ったからです。

コロナ禍で英語の勉強を始めたのと同時に、
お金についてもきちんと考えはじめ、
家計管理にも精を出していたのですが、

とくにここ半年は、留学にあたって目まぐるしくお金が出入りし(主に出ていき涙)、
もっときちんと、そして楽に経済状態を把握するヒントになるかも!
と思ったのでした。

複式簿記を知って、
これまでの違和感が言語化できるようになりました。
ふつうの家計簿・お小遣帳的な考え方だと、
負債でもただの資産としてカウントしてしまうのですよね。
お金が手元にあるけど、実際は借金だったり、将来引き落とされるお金だったり。

そのあたりのモヤモヤが、複式簿記の考え方によってすっきりしてきました。
勉強で手一杯で、まだ現実に落とし込めていませんが。

住む場所ゲット!!!

そして、勉強に打ち込めた理由として、
留学までの約2か月間、実家にお世話になれた環境が大きかったです。

留学費用でカツカツになったことと、
どちらにしろ荷物とかを置かせてもらいたかったので、
両親に相談して、私の身も置かせてもらうことにしました。

持病の治療もあり、
かなりいろいろ模索したのですが、
私のビザで、現地で治療を続けることができるのか、不透明なところです。
渡航期間も1年弱の予定ですので、
日本に住民票を置いてぼちぼち治療するのがよさそう、と暫定的に結論で付けています。
その他手続きも、日本の住所の方がなにかと簡便そうだったので、
そういった面でも両親には感謝しきれません。

無事に、普通免許以外の資格も手に入れることができたのはよかったですが笑、
気づけば出国まであと10日、、、
英語の勉強ももちろん、荷物等々、やることは山積みです。

心が折れそうになりますが、一個一個片付けていかねばなりません。

コメント