2023.1.8 イーヴォ・ポゴレリチ 公演前日

コンサート日記
https://yomikyo.or.jp/concert/2022/01/254-1.php#concert
この記事は約3分で読めます。
本サイトで紹介している商品等の外部リンクには、アフィリエイト広告を利用しているものがあります

こんにちは。いりこです。
明日は1月8日(日)。ポゴレリチ(ピアノ)×山田和輝(指揮)×読響の公演日です。

新年最初のコンサート参加です。テンションが上がります。

↓本編はこちら。

イーヴォ・ポゴレリチ

個人的なお目当ては、ポゴレリチです。

説明する話題に事欠かない方ですが、
まず、彼が有名になったエピソードは、ショパンコンクールで落選したこと。

1980年、ポーランド、第10回ショパン国際ピアノコンクールの本選落選、審査員特別賞受賞。これまでのショパン解釈からは到底考えられない彼の演奏は奇抜すぎるとする他審査員に対し、審査員の一人マルタ・アルゲリッチが「彼こそ天才よ」といい、その場から立ち去り抗議。審査員を辞任する騒ぎとなった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%82%B4%E3%83%AC%E3%83%AA%E3%83%81

たしかにすごい演奏をしています。審査員の方も大変ですね。「審査されているのは審査員の方」という感覚だったのかも。

そして2022年、御年60歳を超えてのショパンアルバムでは、若い時の破天荒さとは一味違う、「諦観」のようなものが根底に流れる演奏でした。今のポゴレリチが、王道中の王道、ラフマニノフの2番をどんな風に演奏するのか、とても楽しみです。

プログラム/チケット情報

▼読響(読売日本交響楽団) 公式HP 
https://yomikyo.or.jp/concert/2022/01/254-1.php

2023年1月8日(日) 14:00 開演  東京芸術劇場 コンサートホール 

プログラム 

  • チャイコフスキー:「眠りの森の美女」から ワルツ
  • ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調 Op.18
  • チャイコフスキー:マンフレッド交響曲 Op.58

チケット 

S席 7,600円
A席 5,600円
B席 4,600円
C席 4,100円 

※団体割引(10人以上)あり。
※学生の方は、開演15分前に残席がある場合のみ¥2000(25歳以下/要学生証)。

クリスマスにご紹介した「くるみ割り人形」と並ぶ、チャイコフスキー3大バレエの1つ、「眠れる森の美女」から終曲「ワルツ」。
なんといっても、ディズニーアニメでオーロラ姫がそのまま歌っている曲です。

 ♪あーなーたーをいつもゆーめにーみてー♪

わくわくする序奏のあと、この甘美なメロディが登場します。
歌曲として作られたようなメロディ、さすがチャイコフスキーといったところです。

そして、いりこ的メインイベントは、ポゴレリチによる協奏曲です。
ラフマニノフのピアノ協奏曲2番は、日本で最も人気の協奏曲といっていいのではないでしょうか。私のピアノ協奏曲と始めて出会った曲でした。
自信喪失のラフマニノフが返り咲いた、大出世作です。

圧倒的なドラマチック性、特に3楽章の大サビは、クラシックに馴染みのない方にも聴きやすいのではないかと思います。
人気曲だけに、古今東西たくさんのピアニスト・オーケストラによる録音が残っています。

王道中の王道といった曲ですが、円熟の鬼才ポゴレリチがどんな演奏をするのか楽しみです。

↓本編はこちら。

コメント