2022.12.2 ティーレマン×SKB ブラームス公演前日

コンサート日記
https://twitter.com/kumamotokengeki/status/1562732065086644225
この記事は約3分で読めます。
本サイトで紹介している商品等の外部リンクには、アフィリエイト広告を利用しているものがあります

こんにちは。いりこです。
明日は12月2日(金)。クリスティアン・ティーレマン(指揮)、ベルリン国立歌劇場管弦楽団(シュターツカペレ・ベルリン)によるブラームスの交響曲公演があります。@熊本

↓本編はこちら。

バレンボイム:療養により降板

この公演のお目当ては、何と言っても指揮者バレンボイムでした。
しかもバレンボイムが振るブラームス、、、

あまりオーケストラは詳しくないけれど、そしてチケットめちゃくちゃ高かったけど、バレンボイムを一目みたいと思い、思い切って購入しました。彼のピアノはよく聴いていました。

ニューイヤーコンサートでお元気そうに指揮されていたので油断していましたが、御年80歳。
今年初めから何度か共演をキャンセルされているようです。
非常に残念ですが、まずは彼の健康回復、そしてまた姿が見られるのを心からお祈りします。

▼バレンボイムFB
https://www.facebook.com/danielbarenboim

10月5日のポストより。

代打:ティーレマン

私のようなにわかでさえこれだけがっかりしましたので、お好きな方はさぞ悲しまれたでしょう。
チケット代も高価でしたし、納得できない方もいらっしゃるでしょう。

しかし、代打で振ることになったのがティーレマンというのがすごい!新たな楽しみが増えたのではないでしょうか。名門中の名門、シュターツカペレ・ドレスデンの首席指揮者を務められています。

とはいえ私はお名前を存じ上げているレベルです。バレンボイムはせっかくだからと予習をしていたのですが、心機一転予習なしで挑みます。

ベルリン国立歌劇場管弦楽団(シュターツカペレ・ベルリン)

「にわか」が過ぎて、シュターツカペレといえば「ドレスデン」しか知りませんでしたが、よく見たらバレンボイムが音楽監督を務めているのがこのシュターツカペレ「ベルリン」。代打ティーレマンが首席で振っているのがシュターツカペレ「ドレスデン」です。

「あれ、ドレスデンのパチモン??間違えた?」と心配しましたが、バレンボイムの予習をしてたのも「ベルリン」でした笑。

「ベルリン国立歌劇場の付属オーケストラとして創立450年を誇る世界最古級にして最高クラスのオーケストラ」だそうです。大変失礼しましたm(_ _)m

プログラム/チケット情報

▼熊本県立劇場 公式HP
https://www.kengeki.or.jp/audienceperform/2022-daniel-barenboim

2022年12月2日(金) 19:00 開演  熊本県立劇場 コンサートホール  

プログラム 

  • ブラームス:交響曲第3番ヘ長調 Op.90
  • ブラームス:交響曲第4番ホ短調 Op.98

はい最高。これが本場ドイツの指揮者×オケで聴けるなんて幸せです。
ちなみにバレンボイム×SKB予習では、気合を入れて3番と4番は避けていましたので、どんな出会いになるのかとても楽しみです。

しかし、東京、大阪、熊本の3都市のみの公演。
クラシックのコンサートってたまに不思議な日程ですよね。。。
しかも熊本が最初の公演!今から気合が入ります。

チケット 

SS席 20,000円
S席  18,000円
A席  15,000円
B席  12,000円
C席  9,000円
※25歳以下の方、障がいのある方は3,000円引き

↓本編はこちら。

コメント