2023.6.2 マルティン・ガルシア・ガルシア 公演前記

コンサート日記
https://kansaiphil.jp/concert/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A2-%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4/
この記事は約3分で読めます。
本サイトで紹介している商品等の外部リンクには、アフィリエイト広告を利用しているものがあります

こんにちは。いりこです。
6月2日(金)マルティン・ガルシア・ガルシアのピアノソロリサイタルがあります。@大阪

↓本編はこちら。

ショパンコンクール第3位 マルティン・ガルシア・ガルシア

スペイン出身のピアニスト、マルティン・ガルシア・ガルシア。
私が初めて知ったのは、2021年のショパンコンクールでした。

他の参加者とは一線を画す、汗だくで楽しそうにピアノと向き合う姿に一目ぼれ。
見事3位入賞とコンチェルト賞を獲得されました。

▼公式HP
https://martingarciagarcia.com/

▼日本ツアー楽しみ投稿をしてくれています♪

↓実は昨年、協奏曲公演を聴きに行きました。
その時の興奮に任せて書いた感想はこちらです。よかったらぜひ!

プログラム/チケット情報

ザ・シンフォニーホールHP(チケット)
関西フィルハーモニー管弦楽団HP(主催)

2023年6月2日(金) 19:00開演 ザ・シンフォニーホール

プログラム 

  • ショパン:
    4つのマズルカ Op.33
    舟歌 嬰ヘ長調 Op.60
    華麗なる大円舞曲 変ホ長調 Op.18
    ポロネーズ第5番 嬰ヘ短調 Op.44
    ワルツ 変イ長調 Op.64-3
    ワルツ 嬰ハ短調 Op.64-2
    華麗なる円舞曲 Op.34
  • シューマン:
    3つの幻想小曲 Op.111
    交響的練習曲 Op.13

ショパンとシューマン。奇しくも1810年生まれ(めちゃ当たり年)。

ショパンはマズルカ・ポロネーズ・ワルツ(円舞曲)と舞曲がほとんど。
2021年のコンペティションでも、躍動感とどこか胸をえぐる郷愁漂う、彼の舞曲には虜になりました。

実は、7月にもソロを見に行くんですが、プログラムが結構変わります。
今回(と北海道公演)のみの曲目は、「ポロネーズ5番嬰ヘ短調」「ワルツ
特にポロネーズ5番は、大好きな曲なんですがあまり演奏機会が多くない曲ですので、しかもガルシアの演奏が聴けるなんてラッキーです。

そして個人的に1・2を争うほど好きな「舟歌」も!
非常に筆者得なプログラムです。

そしてショパン以外も弾いてくれるのはうれしいですね。
ショパンコンクール入賞者はどうしてもショパンを求められるんだとは思いますが。
シューマンはあんまり詳しくないので勉強になります。

チケット 

全席指定 5,000円

↓本編はこちら。

コメント